本文へスキップ

京都市左京区の医療法人吉田歯科医院|一般、審美、インプラント、矯正

電話でのご予約・お問い合わせは京都市の吉田歯科TEL TEL:075-761-8765

〒606-8404 京都市左京区浄土寺下南田町72-1

かかりつけ機能強化型歯科医院Regular Dental Doctor

かかりつけ歯科医とは

  継続的に口と歯に関する保健・医療・介護・福祉を提供し、地域に密着した幾つかの必要な役割を果たすことができる歯科医のことです。そのため、「かかりつけの歯科医」は常に必要な研修を行っています。(日本歯科医師会)

かかりつけ歯科医に求められる役割

  かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所は、ある一定の基準を満たした歯科医院でなければ、厚生労働省から認可を受けることができません。その基準は「専門性」「衛生面・安全面」「他機関との連携」の大きく3つに分類することができます。
 認可を受けた歯科医院では予防に関わる処置に保険の適用が認められるため、継続的な口腔管理を行いながら、う蝕や歯周病の重症化を予防することができます。 また、近隣の医療機関や介護保険施設、地域包括支援センターと連携し、各機関の特長を生かしながら切れ目のない医療を提供する地域完結型医療の推進が求められます。

かかりつけ歯科医院の役割

●専門性

 「か強診」の認可を受ける歯科医院には、複数名の歯科医師もしくは1名以上の歯科医師、歯科衛生士が在籍していなければなりません。また偶発的な事故や緊急時に対応できる歯科医師や、訪問診療に対応できる歯科医師の配置が必要です。

●衛生面・安全面

 「か強診」の認可を受ける歯科医院は、十分な感染予防対策や衛生管理が求められます。また患者が安全に医療が受けられるよう、AEDや血圧計を配置するなどの安全対策が整備されていなければなりません。

●他機関との連携

 「か強診」の認可を受ける歯科医院は、偶発的な事故や緊急時に対応してもらえる他の医療機関との連携が必要です。また在宅医療を担う機関とも連携し、必要に応じて情報提供を行うことが求められます。
 かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の施設基準は細かくわけると11項目あり、そのすべてをクリアしなければ認可されません。つまり「か強診」に認定された歯科医院は、医療内容や設備の水準が比較的高いと考えられます。
 特に感染対策や安全対策の設備が充実している点は、働く側にとっても大きなメリットです。またひとりの患者のライフステージに寄り添う医療を提供できるため、医療従事者にとってやりがいのある仕事に出会える場所と想定されます。

英語可能な京都の左京区歯科医院は吉田歯科

() Yoshida dental clinic
日本口腔インプラント学会専門医

日本顎咬合学会かみ合わせ認定医
〒606-8404
京都市左京区浄土寺下南田町72-1
TEL:075-761-8765
HP/https:yosida-dental.com
Mail/info@yosida-dental.com
京都市左京区の吉田歯科医院

当院所属団体
日本歯科医師会
日本歯科医師会


左京区の吉田歯科は京都府歯科医師会正会員
京都府歯科医師会


大阪歯科大学附属病院は連携歯学部病院です
大阪歯科大学附属病院


大阪大学歯学部附属病院は連携歯学部病院です
大阪大学歯学部附属病院
口腔補綴科/口腔治療科


京都府立医科大学
京都府立医科大学附属病院
口腔外科



京都市左京区の吉田歯科院長は日本歯科審美学会正会員です
日本歯科審美学会


京都市左京区の吉田歯科院長はインプラント学会正会員、専門医です
日本口腔インプラント学会


京都市左京区の吉田歯科院長は補綴学会正会員です
日本補綴歯科学会


京都市左京区の吉田歯科院長は顎咬合学会正会員、認定医です
日本顎咬合学会


抗加齢学会
日本抗加齢医学会



当院施設基準
厚生労働省認定歯科施設

CADCAM

保険CADCAM・チタン冠
先進材料促進

かかりつけ歯科機能強化型歯科診療所

虫歯・歯周予防・在宅強化
かかりつけ歯科医院促進

環境

AED/口腔外バキューム・
衛生・緊急対応促進

ジェネリック医薬品

Generic医薬品使用
薬剤費抑制促進

京都市左京区の吉田歯科の院内はデンタル化されていますctdejitaldental

歯科CT・デジタルデンタル
院内デジタル化促進

キャッシュレス決済

クレジット・電子マネー
キャッシュレス決済対応

マイナンバー機器

マイナンバー・保険証
検診・薬剤情報一元化対応



歯科検診実施機関

フッ素指定医療機関

京都市歯周疾患予防検診

後期高齢者検診




吉田歯科医院スタッフ求人
DR/DH/DA随時募集中



サイトマップ
Valid HTML 4.01 Transitional