本文へスキップ

京都市左京区の吉田歯科|一般、審美、インプラント、矯正

電話でのご予約・お問い合わせは京都市の吉田歯科TEL TEL.075-761-8765

〒606-8404 京都市左京区浄土寺下南田町72-1

補綴・咬合治療

補綴・咬合治療への当院の取り組み


 修復物が長持ちする基本は、むし歯と歯ぐきをきちんと処置しかみ合わせのバランスをとる事です。形を作り・型をとり・調整を行い・接着を防湿下できちんと行う。この基本をいつも当院では心がけています。保険上の接着剤は2種類ありますが、当院では接着性の高いとされるレジン系接着剤を使用しています。



歯茎の漂白(ガムブリーチ)(保険外)



咬合位置片側変位 R→ 咬合位置改善後
 修復物による虫歯の処置と咬合位置の改善(矢印)  下顎の位置関係が変わっています
c
 
下顎前突 R→ 下顎前突改善後
修復物による虫歯の処置と咬合高径位置の改善 かみ合わせの高さが変わっています。
c

睡眠時無呼吸症の方への装置装着(保険治療)

 
睡眠時無呼吸症候群 睡眠時に無呼吸の疑いがおありの方へ

 睡眠時に無呼吸症の兆候や感覚がおありの場合は、当院まで一度ご相談下さい。
睡眠時無呼吸症床装置 スリープスプリント装着時
睡眠時無呼吸症改善
 

小児歯科の保険治療による乳歯抜歯後の保隙

 

乳歯欠損 左下乳歯抜歯後
R→
クラウンループ 保隙装置
 乳歯の抜歯スペースを放置すると歯が倒れてきます。そのため保険治療にて保隙装置を装着し永久歯の放出を助ける事ができます。
 

保険治療による外科的な歯槽堤(顎堤)形成術

歯槽堤狭小の超難関義歯
R→
  総義歯の安定のためには、下の顎骨の高さが不可欠です。
 義歯安定のための顎骨の形態を形成する手術を施した後、義歯を作製することができます。
歯槽堤拡大後  青い線が義歯の辺縁部にあたり、上図より下図の方が義歯の辺縁が伸びることになります。
 

保険治療による外科的骨隆起削除術


骨隆起
フラップ翻転
 お口の中で、顎骨が大きくなると、舌を噛んだり、無呼吸症になるリスクが高くなります。

 気になる場合は、当院まで一度ご相談下さい。
骨削除前 歯肉翻転
骨隆起削合
縫合後
傷口治癒
骨隆起明示 削除後縫合 削除部治癒


保険治療による歯冠延長、拡大後の修復


歯冠延長前 R→ 歯冠延長歯冠修復
 歯ぐきが歯をおおっており、歯磨きがしにくくなっています。  歯ぐきを整えて、虫歯の処置と共にかぶせで歯の形を整えています。
 

保険外治療によるスポーツマウスガード

スポーツマウスガード 
当院LOGO入りのマススガード、様々な文字を入れることが可能。 
 
Back 

英語可能な京都の左京区歯科医院は吉田歯科

Yoshida dental clinic
日本口腔インプラント学会専門医

日本顎咬合学会かみ合わせ認定医
〒606-8404
京都市左京区浄土寺下南田町72-1
TEL・FAX
 075-761-8765
HP/https:yosida-dental.com
Mail/info@yosida-dental.com

当院所属団体

左京区の吉田歯科は京都府歯科医師会正会員
京都府歯科医師会

大阪歯科大学附属病院は連携歯学部病院です
大阪歯科大学附属病院

大阪大学歯学部附属病院は連携歯学部病院です
大阪大学歯学部附属病院
顎関節咬合科・口腔補綴科

京都市左京区の吉田歯科院長は日本歯科審美学会正会員です
日本歯科審美学会

京都市左京区の吉田歯科院長はインプラント学会正会員、専門医です
日本口腔インプラント学会

京都市左京区の吉田歯科院長は補綴学会正会員です
日本補綴歯科学会

京都市左京区の吉田歯科院長は顎咬合学会正会員、認定医です
日本顎咬合学会

抗加齢学会
日本抗加齢医学会
当院施設基準
厚生労働省認定歯科施設
京都市左京区の吉田歯科はCADCAM冠保険治療指定医療機関です
保険治療のCADCAM冠
京都市の歯科でかかりつけ歯科をお探しなら
虫歯/歯周予防・在宅推進
救急・緊急対応かのうな京都市の吉田歯科
衛生管理・緊急対応促進
京都市左京区の吉田歯科は外来後発医薬品を主に使用します
薬剤費抑制促進

京都市左京区の吉田歯科の院内はデンタル化されていますctdejitaldental
院内デジタル化促進
新型CT・デジタルデンタル 

サイトマップ