本文へスキップ

京都市左京区の医療法人吉田歯科医院|一般、審美、インプラント、矯正

電話でのご予約・お問い合わせは京都市の吉田歯科TEL TEL:075-761-8765

〒606-8404 京都市左京区浄土寺下南田町72-1

審美治療Esthetic

部分矯正と結合組織移植術(CTG)による
前歯部の審美修復

上の歯が気になるとの事で来院 40代女性

 左上の歯ぐきの違和感、見た目の改善、虫歯の治療を希望され来院。


左上前歯の保存を考えましたが、
虫歯が進行しており保存困難と判断しました。

 インプラント治療は希望されず、審美的にセラミックスBrの修復処置となりました。


 抜歯後の歯ぐきの縮小と審美的な位置関係改善のため、
部分矯正(挺出)と結合組織移植術(CTG)を行いました。


 最終的に大変患者さんの満足を得ることが出来ました。

1
2
BEFORE
左上前歯が縁下虫歯により保存困難でした。
3
歯ぐきの位置を改善するための矯正治療。
4
抜歯後、歯ぐきのボリュームを整えるため、
結合組織移植をパウチ法にて行いました。

5
歯茎の内外側の幅をかなり獲得たので、
その後オベイト法にて歯茎の形を作り、
オールセラミックスBrを装着しました。


L
AFTER
6

形態を変え、抜歯感のない仕上がりで、
オールセラミックスBrを装着できました。
審美的に満足していただけました。




審美修復類似症例



7
右上歯周病による抜歯後の歯ぐきに
見た目のボリュームが足りない状態です。

89
歯周外科による歯茎のボリュームアップを
行った後の状態です。充分なボリュームです。

1011
オールセラミックスBrによる、オベート法を
用いた修復で綺麗になり患者さんにも満足
して頂けました。良かったです。

12

審美TOP

費用:

約30万円

期間:

約5カ月
 トップページ
クリニック案内 
診療案内 
治療方針
院内設備
 アクセス

copyright© 2020(医)Yoshida dental clinic all rights reserved.