保険診療科目

tagむし歯の治療
歯ぐきの治療
根っこの治療
冠・義歯の治療



全ての画像は当院にて撮影しております

自費診療科目
n審美治療
nインプラント治療
n矯正治療


  
当院では包括診療(歯科治療の殆ど全て)が出来るようになっております。
診療科目     
歯の悩みを一緒に解決しましょう
n
歯の悩みを一緒に解決しましょう

   ぼろっと歯が崩れそうにお口の中が悪くなった方も、
 綺麗に治るにはどうしたらいいのでしょうか?

信頼・信用できる歯科医院と歯医者さんを見つけて下さい
信頼・信用できる歯科医院と歯医者さんを見つけて下さい

 歯はどの様にして悪くなるのでしょう?
         について詳しくは  コチラ>>>



保険治療でも丁寧に正しく治療すれば治ります!






むし歯の治療
 皆さん一度はむし歯の治療をされたことがあると思います。むし歯にはC1〜C4までありC3とC4は歯の頭の部分が崩壊している状態を指し根っこの治療が必要になります。通常むし歯はC1かC2を指します。

 
C1は歯の表層がむし歯になっており、小さければ樹脂でつめて修復をします。歯と歯の間にむし歯が見つかれば、基本的にはインレーと呼ばれるはめこみ型の修復物で治療します。症状としては冷たい物や甘い物が時々しみるようになります。

 
C2は2つに大別できます。しみる症状が強くなってきている時は、歯にお薬をぬり裏打ちをしてC1同様に修復します。しみる症状が我慢できず、熱いものがしみる、かんで痛いといった時は神経除去の治療になります。ここからが根っこの治療です。
   
   時に神経を残すためにお薬をおいて歯の内側が一層の防御壁を作るのを待つことがあります。その際はしばらくしてからもう一度防御壁手前まで削る必要があります。



左京区の吉田歯科KEYPOINTS 

歯にとって残せる神経は残す方が良いということ。
歯がC2になる前に早期治療をする
          定期チェックの重要性はここにあります。

  TOP


むし歯の治療
 
 歯茎の治療は歯茎の検査をした時に腫れ度合いを測る検査により決まります。
2mm〜 3mmは健康で4mm〜6mmとなると基本的には麻酔下での簡単なお掃除や歯茎の手術が必要になります。それ以降では抜歯も選択肢の中に入ってきます。時に歯の周りの減った骨を増やす手術(保険も行いますが、状態が限られてきます。保険外になると材料や適用が増える事があります。

 歯茎の腫れはブラッシング時の出血や歯のぐらつきがサインになります。それを放置すると歯の周りの骨がなくなりぐらつきが増し抜歯となったり、根の先からの細菌感染により神経の痛みが起こり神経除去の治療が必要になります。また奥歯は2根ないし3〜4根根っこがあり、歯を保存する為に状態の悪い方の根っこを抜歯し良い方を残す分割抜歯なども行います。


左京区の吉田歯科KEYPOINTS 

歯茎の治療は家での歯磨きが大変重要になります
一に掃除二に掃除三・四が無く五に歯ぐきの手術です
重度歯周治療には殆ど歯茎の手術を必要とするはずです
    していないと症状がなくても歯茎の腫れがおきているかもしれません

detail


むし歯の治療

 神経除去後や一度神経除去をした歯の再治療が必要な時に行う治療です。歯には神経や動静脈が入り込んだ管があり、その管を根っこの先端部までお掃除する事が必要になります。管が細い時は時間をかけながら何度もお掃除をして管を広げていく事になります。神経除去後は数回でほとんど噛んでもたたいても痛みがなくなります。そうなればふたをしていく事になります。

 一度ふたをした歯が
噛んで痛かったりうずく感じがある時などは、かなりの時間(数十回を要することがほとんどです。)をかけて治療することになります。症状がなくても根っこに膿の袋をつくっていたり骨が溶けてしまっている状態がある程度回復するまで待たないといけません。又根っこが固くなっていることもしばしばあります、その時はお薬や専用のドリルなどを使い可能な限り管を開ける必要があります。

左京区の吉田歯科KEYPOINTS 

根っこの治療は時間をかけても根っこの先まで、レントゲンの症状がある程度改善するまで、症状がとれるまで行う事が必要で、ここを怠ると再治療が待っています

根っこの先で管が固まっている時は、お薬で溶かしながら、それでもダメな時は専用のドリル(ニッケルチタン)等を用いないと開ける事が出来ません。あきらめずにあけていく事が必要になります
 再治療が多い治療の一つです。そうならないために神経は残しましょう

detail


むし歯の治療
 虫歯の状態が歯の四方八方におよんでいる場合、また神経除去後ふたをした歯も強度の点からかぶせにすることが主です。その際きれいな歯の部分を残してかぶせたりはめ込んだり、樹脂をつめて修復する事もあります。又歯がない所に前後の歯を土台にしてかぶせにするブリッジもかぶせの一種です。前後に土台がない時や歯を削りたくない時には入れ歯を選択することになります。歯磨きが良くでき、管理が行き届いていれば、10年以上もつ事が多く、数年でダメになる事はほとんどありません

 入れ歯は取り外しができ残りの歯磨きがしやすい利点がありますが、思い切りよく噛めないと言った欠点があります。その時は自費治療でインプラント(人工歯根)を選択することがあります。
左京区の吉田歯科KEYPOINTS 

かぶせは家で言う所の屋根です。基礎地がしっかりしており、管理が行き届けば10年以上もつものです。そのためにも定期チェックは欠かせません

歯ががたがたの場合も長持ちしません、前後・左右・上下にある程度バランスの 取れた歯の位置関係を構築することが必要です。そのためにも細かい噛み合わせや歯の並びを大事にしましょう

 材料硬さは、セラミックス>歯≠金属>樹脂 となり、バランスが必要です



detail


診療時間 
 
診療時間
AM9:00〜13:00
AM10:00


PM5:00
PM3:00〜 8:00 /

              
休診日は日・祝祭日となります